« 矢勝川の彼岸花 | トップページ | 矢勝川の彼岸花(おまけ) »

TT-01D ケツカキ仕様

ラリー仕様からストリート仕様に変更したので、ギア設定も等速からケツカキに変更しました。

ケツカキとは後輪を前輪より多く回転させるギアセッティングのことです。
これにより常にオーバーステア状態となるので、カウンターを当てながらドリフトし続けることができ、実車さながらのダイナミックなドリフト走行が可能となるのです。

11100101

昔はべベルギヤを他車種から転用・加工していたみたいですが、現在はアクティブが販売している「TT-01対応カウンタードリフトユニット」にリアデフを換装するだけです。

これで、2次減速比は、フロントが2.6に対してリアが1.8となり、前輪より後輪の方が1.44倍多く回転することになります。

11100102

発売当初は精度が悪く不評だったようですが、自分が買ったものにはリンク先には載っていないギヤボックス強化パーツとたくさんのシム(写真中央下の袋)が付属していました。
自分のはシムを使わなくても、ガタもバックラッシュもばっちりでした。ユーザの声を反映して改良したのかな?

さっそく走らせてみると、これがたいへん!
走り出しからリアがスライドし始めるので、押さえ込むためにカウンターを当てると、今度は反対側に流れ出してフラフラ走行になってしまいます・・・

しばらくやっている内に、なんとかコツを掴んできたのですが、まともに走れるようになるにはかなり練習しないとだめっぽいです。
こんな風に走れるようになる日が来るのだろうか・・・

|

« 矢勝川の彼岸花 | トップページ | 矢勝川の彼岸花(おまけ) »

コメント

こんにちは。
最後の映像見ました。
こんな事が出来るようになるんですね。
楽しそうだな~。
ラジコン関係のエントリーを読んでいると
ワクワクしてしまいます。

投稿: babathegiant | 2011.10.02 12:06

>babathegiantさん
楽しいですよ~
ラジコンは進化を続けていて、いろいろな遊び方が生まれています

投稿: たつ吉 | 2011.10.03 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83796/52884103

この記事へのトラックバック一覧です: TT-01D ケツカキ仕様:

« 矢勝川の彼岸花 | トップページ | 矢勝川の彼岸花(おまけ) »