« エコカー補助金 | トップページ | 連邦の“青い”ヤツ »

バックカメラ取付

プレマシーにバックカメラを取り付けました。

10081101
SONY Cyber-shot DSC-TX5

後退時は自分の目で確認したい人なので、見積もり時はMOP/DOPのバックカメラはスルーしていました。
しかし、いざバックしてみて後方視界が無きに等しいことに愕然!
剛性UPでリヤウィンドウが小さめなのと、ボディサイズが1ランクUPしたことにより、以前の5ナンバーのプレマシーとは勝手が違いすぎます・・・

そんなわけで、自力でバックカメラの取り付けにチャレンジしてみます。

まずはネットで情報収集。

DOPのパイオニア製メモリーナビ(C9P6 V6 650)は、市販の楽ナビLiteのOEM品なので、パイオニア製のバックカメラ(ND-BC4)を選択。(¥14,470)
【在庫あり即納!!カードOK!!】カロッツェリア★ND-BC4 超小型バックカメラ

そのままポン付けできると思いきや、どうやらマツダのMOP/DOPのナビの各種コネクタはクラリオン互換になっているみたい・・・(そりゃぁ統一するよな)
なので、クラリオンの汎用カメラケーブルも別途購入。(¥2,510)
【在庫あり即納!!カードOK!!】クラリオン★CCA-644-500 バックカメラ入力ケーブル

まずはテールゲート裏の内装を全部バキバキッとはがして、カメラケーブルの車内への引き込み作戦を考えます。

10081102

上の丸印のナンバー灯のコネクタの隙間からテールゲート内に引き込み、既存の配線に沿わして下の丸印の穴まで引っ張って来ることに決定。

10081103

そこから右下の丸印までフレーム内を通し、ゴムブーツを経由して車内への引き込み完了!
車内に引き込めてしまえばこっちのもので、各ピラーの内装とドアの防水ゴムを外し、天井裏を通してフロントパネルまで引っ張ってきます。

次にフロントセンターパネルを必要最小限だけ分解します。

10081104

シフトパネルを外して、丸印の2本のネジを外す。
シフトカバー奥左右の三角パネルを外し、現れるネジを外す。
えいやっとシフトカバーを外す。

10081105

エアコンパネルを固定しているネジ2本を外す。
エアコンパネル横の白い爪を押さえながら引き抜く。

これでDOPナビ下の配線格納スペースにアクセスできます。

10081106

この中からバックカメラ接続コネクタ(左丸印)を見つけ、汎用カメラケーブルを繋ぎ、バックカメラのRCAジャックと接続します。
電源ボックス(右丸印)にカメラケーブルとRCA付属電源ケーブルを接続し、余ってるACCラインとアースをそれぞれ接続すれば準備完了!

10081107

おそるおそるシフトレバーをRに入れると、ちゃんとバックカメラの画像に切り替わりました!(かなり感動)

ガーニッシュを使用してないのでMOPやDOPのようにカメラがきれいに格納されてないけど、下から覗き込まなければ気にならないし(昨日の記事の2枚目の写真参照)、ちゃんと「道路運送車両の保安基準」に適合するように取り付けたので問題ないでしょう。

昼食と休憩を入れて約4時間かかりましたが、MOPで¥36,750、DOPで¥44,000かかるところを、¥16,980(+労力)で約2万円節約できました!
でも、必要ないと思ってもMOPのバックカメラを付けておくことを強くお薦めします(汗)

|

« エコカー補助金 | トップページ | 連邦の“青い”ヤツ »

コメント

こんばんは 完璧ですね~
リアゲートから車内に引き込むのが大変だったんではないでしょうか?
最近の車は後ろ見難い車が多いですもんね~

このご時勢、節約は大切です!必要なものを安く が鉄則ですよね。

投稿: yasusw | 2010.08.11 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83796/49119597

この記事へのトラックバック一覧です: バックカメラ取付:

« エコカー補助金 | トップページ | 連邦の“青い”ヤツ »