« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の1件の記事

ラジコンでドリフト

あけましておめでとうございます(激遅・・・)

前回の記事でMINI-Z AWDをサンタさんにお願いしたけど、残念ながら自分のところにはやって来ませんでした(涙
その代わりと言っては何ですが、雪の舞う正月休みの最終日に我が家にTT-01Dがやって来ました(笑

ボディはキット付属のスバルインプレッサWRCモンテカルロ'05を、説明書どおりに塗装&シール貼りしました
ドリフト仕様なのでD1グランプリマシンのような派手なボディにしたいところですが、最初のうちはぶつけまくってボロボロになるのは目に見えているので、しばらくはこのボディで練習しまくろうと思います
(すでにフロントバンパー部のステッカーは削れて消えかかっています・・・)

さくっと組み立てて、さっそく近所で走らせてみましたが、これはおもしろいですよ!
ドリフト走行できるようになるにはかなり練習が必要と思っていたのですが、TT-01Dの素性がいいのか、以外にもしょっぱなからそれなりにコントロールできちゃいました♪
レースするわけではないので、速さを追求する必要もなく、ちょっとしたスペースで練習できるのがいいですね

シャーシはこんな感じ
フルベアリング、CVAオイルダンパー、スポチュンモータ、アルミモーターヒートシンクなど、TT-01Dは最初からオプションいっぱいの仕様なので、とくに追加購入すべきものはないのですが、プロペラシャフトが樹脂製なのはなんとなく心許ないので、オプションのアルミプロペラシャフトに交換しました
その他には、ステアリングロッドが樹脂製で無理があるような動きをしていたのでピロボール化し、ついでにハイトルクサーボセイバーに交換
あと見えないところでは、ピニオンを22Tスパーを58Tに交換しギヤ比を6.85:1に変更、リヤデフをホットボンドでロック、フロントデフはアンチウェアグリスを詰めて固くしてあります
タイヤは、キット付属のドリフトタイヤタイプDではスピードを出さないと滑りにくいので、低速でも滑りまくる樹脂系タイヤのヨコモのゼロワンRで気持ちよくすべりまくっています

ドリフトの練習をしながら、これからもいろいろいじっていきたいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »