« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の5件の記事

*ist D 後継機

*ist D 後継機の写真が Digital Photography Review のページに出ていました




写真だとSDカード仕様っぽいですね
現*ist Dユーザからは反対の声が多いと思われるけど、4G以上も正式規格になるので今後はSDカードが主流になるのでしょうかね

デザインはかなり好みです
中級機の雰囲気を壊さずにうまく現代風にまとまっているのではないかと(オヤジくさくない!)

*ist Ds で満足しているので買い換えることはないと思いますがとても楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンズ開発ロードマップ更新!

PENTAXのプレスリリースにPMA 2006 デジタル一眼レフカメラ関連製品の参考出品についてが掲載されました
・レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ
 製品名:未定
 画素数:1000万画素
 発売日:2006年秋頃
・デジタル一眼レフカメラ専用 単焦点広角レンズ
 製品名:smc PENTAX-DA 21mmF3.2AL Limited (仮称)
 発売日:2006年6月頃
・レンズ交換式中判デジタル一眼レフカメラ
 製品名:PENTAX 645 Digital (仮称)
 画素数:1800万画素

さらにレンズ開発ロードマップも更新されました
・DA21mm F3.2 Limited
 発売日:2006年6月頃
・DA70mm F2.4 Limited
 発売日:2006年10月頃
・DA16-50mm F2.8
 発売日:2006年12月頃
・DA50-135mm F2.8
 発売日:2006年12月頃
・DFA55mm F2.8(645用)
 発売日:2006年中

広角パンケーキを楽しみにしてたけど、F2.8ズームがもっと楽しみ~
きっと高いんだろうな~(DA16-45mm買ったばかりだし・・・)
12月か~まだまだ先だな~
今から貯金始めるかな~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1/24 タチコマ

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG に登場する後期型のタチコマです

1/24 タチコマ
DATA : smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED AL ( 45mm, F16.0 )

1/24 タチコマ(後ろ)
DATA : smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED AL ( 45mm, F16.0 )

WAVEの1/24スケールのプラモデル(定価¥1,800)です
銀色の部分はランナーに付けたままラッカースプレーで塗装しておいて、青色と白色の部分は成型色そのままの素組みです
組み上げ後にマーカーペンで修正と墨入れをして、最後に半光沢のトップコートを一吹きしておしまい
お手軽工作ですがなかなか見栄えよくできました

手元にいつも置いておきたくなるカワイイやつです♪

(2006.02.19 写真追加)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HGUC RX-78-2 ガンダム 限定クリアバージョン

上野の森美術館で開催されたガンダム展に行って来た友人から頂きました

HGUC ガンダム 限定クリアバージョン
DATA : smc PENTAX-DA 16-45mm F4 ED AL ( 45mm, F16 )

すべてクリアパーツなので、合わせ目を消すことも墨入れをすることもできず、まったくの素組みです

念願のDA16-45を手に入れることができました!

(2006.02.18 写真差換)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セントレア

息子に飛行機を見せようと思い、中部国際空港セントレアに遊びに行ってきました

centrair1
DATA : smc PENTAX-FA 100-300mm F4.7-5.8 ( 100mm, 1/500sec, F8.0, ISO200 )

地上を移動している姿を見て「ブーブー」と喜んでいましたw

centrair2
DATA : smc PENTAX-FA 100-300mm F4.7-5.8 ( 300mm, 1/500sec, F8.0, ISO200 )

飛び立った後ろ姿には手を振って見送ってました^^

centrair3
DATA : smc PENTAX-FA 100-300mm F4.7-5.8 ( 300mm, 1/1000sec, F8.0, ISO200 )

キヤノンの白くてでっかいレンズや、ニコンの立派な機材で狙っている方にまぎれて、以前に1000円で落札したレンズでがんばりました~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »