« 中間リングGET | トップページ | シャア専用歯ブラシ »

超琢磨で接写に挑戦

先日たもさんから「1/100ゼータに50mmF1.4でどこまで接写できるのか教えて頂きたい」とのコメントを頂いたので、中間リングを使った場合も含めて試してみました

モデルは「1/100 MG RX-78-2 ガンダム (Ver.1.5)」 (モデルと言ってもプラモデルですがw)
設定は全レンズ固定で、絞りF8、シャッター速度1/20秒、ISO感度400、ホワイトバランスオート
JPEG:★★★(S.ファイン)で撮影したものをフォトショップで500x332にリサイズのみしてあります

まずは手持ちの単焦点レンズでどう撮れるかそれぞれの最短撮影距離で比べてみます

smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited (最短撮影距離:40cm)

DATA : smc PENTAX-DA 40mm F2.8 Limited ( 40mm, 1/20sec, F8.0, ISO400 )

Super-Takumar 28mm F3.5 (最短撮影距離:40cm)

DATA : Super-Takumar 28mm F3.5 ( 28mm, 1/20sec, F8.0, ISO400 )

Super-Takumar 50mm F1.4 (最短撮影距離:45cm)

DATA : Super-Takumar 50mm F1.4 ( 50mm, 1/20sec, F8.0, ISO400 )

Super-Takumar 55mm F1.8 (最短撮影距離:45cm)

DATA : Super-Takumar 55mm F1.8 ( 55mm, 1/20sec, F8.0, ISO400 )

50mm F1.4が黄色っぽいのは後玉が焼けてしまっているせいだと思われます
自分としては55mm F1.8がいちばんしっくりときました

次に、55mm F1.8に中間リングを付け、どこまで接写できるか試してみました

Super-Takumar 55mm F1.8 + 中間リングNo.1

Super-Takumar 55mm F1.8 + 中間リングNo.2

Super-Takumar 55mm F1.8 + 中間リングNo.3

Super-Takumar 55mm F1.8 + 中間リングNo.1+No.3

Super-Takumar 55mm F1.8 + 中間リングNo.2+No.3

Super-Takumar 55mm F1.8 + 中間リングNo.1+No.2+No.3

みけさんがこちらの記事で書かれていますが、No.1またはNo.2単体が使いやすいですね
それ以上だと被写界深度が浅く、しっかりとピントを合わせるのに苦労します
No.1+No.2+No.3の時の被写体との距離は約7cmで、0.5mm動かすだけでピントがぜんぜん違うところに行ってしまいます><
それにアップすぎるとプラモデルの粗がもろに見えちゃいますTT(塗装が剥げてるし、シールが剥がれそうだし・・・)

あえてマクロレンズを買わなくてもこれでいいかな~と^^

|

« 中間リングGET | トップページ | シャア専用歯ブラシ »

コメント

たつ吉さん、こんばんは。
こんなにも丁寧に試して頂けるなんて感激です。
ほんとうにありがとうございました。

僕も55mmF1.8がイイ!と思いました。
中間リングなしでも結構よれるのですね。50mmF1.4は焼けの影響がこんなにでるとは。
これで欲しいレンズが絞れました!
PENTAX-DA 40mm F2.8 Limitedは流石ですね。画角のせいでしょうか、55mmよりすこしスマートに見えます。

しかし、RX-78-2よい仕上がりですね。
ツインアイにもグラデーションが施してあるのがすごいです。

投稿: たも | 2005.05.16 00:30

50/1.4と55/1.8の比較写真、参考になります。
それにしても超琢磨55mm、イイ仕事しますね~。
リミパンの写りはさすがという感じはしますが、
それとはまた一味違った独特の味わいで。

しかしこの塗りは半端じゃないですね(^^;
やはり相当細い筆を使われてるんでしょうか。

投稿: みけ | 2005.05.16 21:44

>たもさん
いえいえ、お役に立てて光栄です
50mmF1.4はシャープでいい感じなのですが、レンズ焼けの黄ばみがどうしても出ちゃいますね・・・残念!
55mmF1.8は出品も多く、かなり安く落札されているのですぐ手に入ると思います

>みけさん
今度は屋外で撮り比べたいと思います
あと、細かいところの塗装ですが、ラッカー系、エナメル系、水性の塗料を使い分けて、はみ出たところをそれぞれの溶剤で拭き取ってます
墨入れはおもいっきり手抜きしてまして、普通の筆ペンで溝をなぞって、はみ出たところをティッシュで拭き取ってからつや消しクリアのスプレーでコーティングしちゃってます^^

投稿: たつ吉 | 2005.05.17 00:03

たつ吉さん、こんにちは。

わたしは、オークションでKマウントの接写リングをGetしました。
PENTAX M 50mm F1.4で、1/144の飛行機プラモなど撮影してみましたが、やはり、No.1かNo.2の単独使用が使いやすいようです。
接写リング3つつなぐと、ミニ三脚では支えきれず、前に倒れてしまいました。
被写体を机の上に置いて、普通の三脚を床に立てて撮影するとうまくいきそうです。

プラモデルのラベルの妙なテカリは、PLフィルターを使うと幾分軽減できるかもしれません。

投稿: でぱいゆ | 2005.05.25 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83796/4141728

この記事へのトラックバック一覧です: 超琢磨で接写に挑戦:

« 中間リングGET | トップページ | シャア専用歯ブラシ »